もちこまめの前世(中の人)は?声優の身長年齢素顔などwiki情報

もちこまめさんは、個人勢ながらYouTubeチャンネル登録者数約18万人の人気Vtuberです。この記事では、そんなもちこまめさんの前世(中の人)についてや、声優の身長年齢などwikiプロフィールを調査します。また、声優の素顔情報もまとめました。

もちこまめってどんなVtuber?身長や年齢などwikiプロフィールをまとめ

もちこまめさんは、YouTubeを中心に活動しており、YouTubeチャンネル登録者数約18万人の人気Vtuberです。もちこまめさんは、自分の性格について、気持ちが顔に出やすく、嘘がつけないと話しています。マイベースな一面と几帳面でポジティブな一面があるとも話していました。

ここでは、そんなもちこまめさんの身長や年齢などwikiプロフィールをまとめます。

もちこまめのwikiプロフィール

もちこまめさんのwikiプロフィールを簡単にまとめました。

もちこまめの身長は?

もちこまめさんの身長は、155cmです。もちこまめさんの配信の中で、身長についての情報を公開しています。Vtuberとしてもかなり小柄な身長に分類されるのではないでしょうか。ビジュアルから幼い印象を受けるため、身長が低めなのも納得ですね。

身長の成長が止まっているわけではなく、今も成長中だそうです。今後は、どんどん身長が高くなっていく可能性もあるでしょう。

もちこまめの誕生日と年齢

もちこまめさんの誕生日は、4月4日です。誕生日は公開していますが、生年月日が不明なため、年齢は判明していません。ただ、設定上は87歳だと答えることもあるようです。

Twitterの投稿から、もちこまめさんは2019年に大学に行っていたことが判明しています。2019年の時点で大学生以上の年齢であると推測できるでしょう。そのため、現在の年齢は少なくとも22歳以上であると思われます。

もちこまめの出身はどこ?

もちこまめさんは、日本出身です。Twitterの投稿から、神戸出身であることが判明しています。もちこまめさんは日本出身ですが、中国語が話せます。そのため、中華圏のファンも多くいるVtuberです。

YouTubeに投稿している動画や、Twitterの投稿にも中国語が記載されているため、語学に秀でていることがわかります。中国語ができる理由は、過去に台湾に暮らしていたことがあるからだそうです。現在でも、台湾の食べ物や料理が好きで、配信でおすすめを紹介したりしています。

中国語が話せる

もちこまめさんは、日本語だけでなく中国語も話せます。過去には台湾に住んでいた経歴があり、そのときに話せるようになったそうです。もちこまめさんは、台湾で修行を積んでいたという表現を使っていました。配信の中には台湾のファンに向けた内容のものもあり、グローバルな視点で活動していることがわかります。

台湾でもグッズを販売

もちこまめさんは、グッズや歌を収録したアルバムを販売しています。個人でもグッズを販売できるBOOTHを活用しており、そこにはアクリルキーホルダーやアクリルスタンド、CDなどがラインナップされています。

もちこまめさんのグッズは日本で購入可能ですが、2022年8月には台湾でもグッズを販売しました。可愛らしいぬいぐるみを販売しており、いずれ日本でも購入可能になると報告しています。

もちこまめの活動は?

もちこまめさんの活動内容は、主に歌配信雑談配信です。もともと歌の動画を投稿していたこともあり、歌配信はもちこまめさんの人気コンテンツとなっています。歌配信雑談配信は、ナチュラルで気軽に聞けるため、ファンからも好評です。

もちこまめのママは?

もちこまめさんのママは、水々さんです。水々さんは、台湾人のイラストレーターで、Vtuberのデザインを中心に活動しています。ゲームのキャラクターデザインなども手がけているフリーのイラストレーターです。

Vtuberをデザインするようになったのは最近になってからだと話しています。優しい色使いのキャラクターデザインが好評です。

もちこまめの所属事務所は?

もちこまめさんは、事務所に所属していない個人勢です。YouTubeチャンネルの他にもブログの運営なども積極的にしており、活動の幅を広げています。人気が急上昇していることから、今後どこかのVtuber事務所に所属する可能性もあるでしょう。

もちこまめの魅力

もちこまめさんの魅力は、なんといっても可愛らしい歌声です。定期的に歌枠を配信しており、ファンに向けて歌ってくれています。また、中国語が話せるため、中華圏のファンとのやりとりが見られるのももちこまめさんの魅力です。

親しみやすくて可愛い声と、ビジュアルがマッチしていることから、配信を見ていて幸せな気持ちになります。

もちこまめの目標は?

もちこまめさんの目標は、チンチラ候補生を立派なチンチラに育てることです。チンチラとは、もちこまめさんのファンネームです。チンチラに育てて、チンチラを好きになってもらうことが活動の目標だと話しています。

また、中国語が話せる強みを生かして、台湾のVtuberとコラボがしたいとも話していました。コラボ以外にも、台湾系の仕事をこなしていきたいとも語っています。中国語は今後も勉強していき、最終的には中国語の歌を歌えるようになりたいと考えているそうです。

もちこまめの前世(中の人)は?声優の素顔は判明している?

ここでは、もちこまめさんの前世(中の人)に関する情報をまとめていきます。もちこまめさんの前世(中の人)は判明しているのでしょうか。また、声優の素顔についても調査します。

もちこまめの前世(中の人)は不明

もちこまめさんの前世(中の人)の情報は、判明していません。もちこまめさんの配信で声や話し方を聞いたファンからは、どっかで聞いたことがあるような声をしているとコメントされていました。しかし、前世(中の人)の特定には至ってません。

声優の素顔は?

もちこまめさんは前世(中の人)が判明していないため、声優の素顔も不明です。活動方針を見ている限り、今後も声優の素顔を公開する機会はないと思われます。

もちこまめの画像が流出?

もちこまめさんは、過去の写真がTwitterから流出したことがあります。Twitterアカウントをハッキングされてしまい、画像などがまとめサイトに載せられてしまったようです。これがきっかけで、もちこまめさんは過去ツイートを消すことになったと話しています。

ただ、インターネットで検索をかけても流出した画像が見つかりませんでした。おそらく、もちこまめさんの素顔がわかる決定的な画像は流出していないと思われます。

もちこまめはバ美肉?

もちこまめさんは上記の流出事件の流れで、バ美肉系Vtuberであることを明かしています。Twitterの投稿を見る限り、バ美肉系Vtuberであることは前々から公開していたようです。

バ美肉系とは、バーチャル美少女受肉の略語です。美少女のアバターを生身の人間が纏うことを指す言葉で、主に中の人が男性のときに使われます。中の人の男性は、ボイスチェンジャーなどを用いて可愛い声を出していることが多いです。

ただ、もちこまめさんの声優はバ美肉系Vtuberだと認めていますが、性別を公開していません。そのため、女性の可能性もゼロではないでしょう。ただ、基本的にバ美肉系Vtuberは男性の中の人を指す言葉のため、男性が声優を務めている可能性が高いと思われます。

もちこまめのおすすめ動画

もちこまめさんは、YouTubeチャンネルを開設した当初は、そこまで活動頻度が高くありませんでした。しかし、初配信を行なってからは、精力的に活動しています。歌動画の投稿以外にもさまざまな配信にチャレンジしており、着々と再生回数やYouTubeチャンネル登録者数を伸ばしています。

ここでは、そんなもちこまめさんのおすすめ動画を紹介します。

もちこまめの初配信

もちこまめさんの初配信は、約1年前に行われています。初配信では、自己紹介もちこまめさんの部屋を紹介しました。配信を始めるにあたって、新たにデザインしてもらったようです。

YouTubeチャンネルは約5年前から開設されており、はじめは配信ではなく動画を投稿していました。歌動画やシチュエーションボイスを中心に投稿しています。

もちこまめの歌枠

もちこまめさんは、歌枠を頻繁に配信しています。もちこまめさんの歌を聞いたファンからは、うまくはないけど一生懸命な姿が可愛いと評価されていました。女の子らしくてふわふわした歌声がファンを魅了しています。

中国語のレクチャー動画

もちこまめさんは、中国語のレクチャー配信を定期的に行なっています。基礎的な単語や文法を教えてくれているため、中国語が全くわからない人でも勉強することが可能です。もちこまめさんは中国語が話せるバイルンガルのため、その能力を活かしてファンに中国語をレクチャーしています。

もちこまめの前世(中の人)は不明!身長や年齢などwikiプロフィールも調査!

もちこまめさんの前世(中の人)は、特定されていません。ただ、バ美肉系Vtuberであることを認めているため、声優は男性である可能性が高いです。過去には、Twitterがハッキングされて画像が流出した経験がありますが、中の人の特定に繋がるような情報や画像は見つかっていません。

もちこまめさんのwikiプロフィールもまとめました。もちこまめさんの身長は155cmで、誕生日は4月4日です。年齢は公開されていませんでした。日本語と中国語を話せるバイリンガルで、その強みを生かした活動が人気です。

もちこまめさんの今後の活動が楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です