耳で聴く美術館【アビ】ってどんな人物?かわいい?事務所はどこ?

アビの画像

耳で聴く美術館は、絵画史や美術紹介、アーティストのインタビューを紹介しているアート系YouTuberです。耳で聴く美術館は、どんな活動をしているのか?アビとはどんな人なのか?かわいいという噂は本当なのか?所属事務所についても調査しました。

耳で聴く美術館って何?アビってどんな人?事務所は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

耳で聴く美術館(@art_room301)がシェアした投稿

耳で聴く美術館は、どんな活動をしているのか?動画に出てくるミステリアスな女性【アビ】はどんな人物なのか?事務所についても調べました。

耳で聴く美術館とは?

耳で聴く美術館は、ナレーションのアビさんが美術について、分かりやすく説明する動画です。日本や、海外のアーティストを問わず紹介しています。

芸術に興味がなかった人も「アビさんの動画を見て、初めて美術館へ行きました」「芸術とは何かを考えさせられました」と感銘を受けています。

耳で聴く美術館【アビ】のwikiプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

耳で聴く美術館(@art_room301)がシェアした投稿

  • 名前:アビ
  • 本名:不明
  • 年齢:不明
  • 生年月日:不明
  • 身長:不明
  • 出身地:関西

耳で聴く美術館【アビ】の本名は?

耳で聴く美術館のアビさんは、本名を公開していません。しかし【アビ】は、本名の一部であることが分かっています。ハーフや、クオーターの可能性も考えられるでしょう。

耳で聴く美術館【アビ】の年齢は?

耳で聴く美術館のアビさんは、年齢を公開していません。動画内で「大学を卒業し、就職していた」と話しているので、見た目の印象からも20代半ば〜30台前半だと推測できます。

耳で聴く美術館【アビ】の身長は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

耳で聴く美術館(@art_room301)がシェアした投稿

耳で聴く美術館のアビさんは、身長を明かしていません。スリムな体型に小さい顔、ボーイッシュなアビさんは、長身のイメージです。動画内で他の女性と会話をする場面がありますが、アビさんの方が背は高いです。そのことから、身長は高め考えられるでしょう

耳で聴く美術館【アビ】の出身地は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

耳で聴く美術館(@art_room301)がシェアした投稿

耳で聴く美術館のアビさんは、出身地を公開していません。しかし、関西方面の学校を卒業しています。話している途中にも「あ、関西弁でちゃった」ともらしているので、大阪近辺出身の可能性が高いです。

耳で聴く美術館【アビ】の学歴は?

耳で聴く美術館のアビさんは、神戸大学発達科学部を卒業しています。現在は発達科学部から、国際人間科学部に名称が変更されています。大学で出会った人達は、みんな個性的で魅力があり、貴重な経験をしたと話していました。

耳で聴く美術館【アビ】の仕事は?

耳で聴く美術館のアビさんは、美術館ギャラリーで働いています。以前は、一般企業に勤めており、キャリアウーマンを目指していました。しかし、軍隊のような規律に馴染めず、精神的に疲労し退職しています。

TiktokやYouTubeは副業として運営していますが、本業との相性抜群です。

耳で聴く美術館【アビ】の年収は?

Tuberchによると、YouTubeの年収は約2575万円になります。耳で聴く美術館のアビさんは、本業の他にYouTubeやTiktokで活躍しています。本業の収入は不明なので、YouTube収益のみの金額です。

美術館の仕事や広告収入、イベントへの出演などを合わせると3000万円を超えているのではないかと考えられます。

耳で聴く美術館【アビ】は事務所に所属している?

耳で聴く美術館のアビさんは、PPPSTUDIOに所属しています。多くのTiktokerが、在籍している事務所です。

 

耳で聴く美術館【アビ】の好きなミュージシャンは?

耳で聴く美術館のアビさんが好きなミュージシャンは、サカナクションです。アビさんの雰囲気と、芸術的で個性あふれる音楽を発信しているサカナクションはどこか似ています。

上記の曲は「ネイティブダンサー」で、アビさんが1番好きな歌です。

テンションを上げたい時に聞く歌は「ミュージック」です。PVからも芸術が感じられます。

耳で聴く美術館【アビ】はお酒が好き!?

耳で聴く美術館のアビさんは、よくお酒を飲んでいます。特にラジオ配信や、ライブで飲酒することが多いです。ビールやチューハイ、ノンアルコールなど幅広い種類を好んで飲んでいました。

耳で聴く美術館【アビ】の思いとは?

耳で聴く美術館のアビさんは過去に、会社の方針についていけず退職しています。ニートを経験し「人生終わった」とまで考えた時期がありました。そんな絶望の中で出会ったのが、池田晶子さんの哲学書です。感銘を受けたアビさんは、前を向き始めます。

アビさんは、得意な美術を通して、同じように悩んで苦しんでいる人たちを助けたいと考えました。アビさんのYouTubeやTiktokは、世界的に有名な芸術家の波乱万丈な人生にもふれています。

有名な人にも、こんな人生があったと知ってもらうことで、誰かの支えになればいいというアビさんの思いがつまっています。

耳で聴く美術館【アビ】のInstagramが美術館みたい!

アビの画像
引用:Instagram

耳で聴く美術館のアビさんのInstagramは、アート写真が多く美術館みたいです。アビさんのInstagramを見れば、芸術に興味がわくことでしょう。

耳で聴く美術館【アビ】がかわいい!

 

この投稿をInstagramで見る

 

耳で聴く美術館(@art_room301)がシェアした投稿

耳で聴く美術館のアビさんが、かわいいと噂です。ミステリアスな雰囲気で、肌が白く涼しげな目元がキレイです。「美しい」「透明感がある」「目元がセクシー」など、かわいいよりもキレイなイメージのコメントが多く見られました。

耳で聴く美術館【アビ】は中性的美しさ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

耳で聴く美術館(@art_room301)がシェアした投稿

耳で聴く美術館のアビさんは自身のことを「中性的」と話しています。アビさんといえば「ショートマッシュ」なイメージですが、初期の頃は「ボブスタイル」でかわいい系です。なぜ今のスタイルになったのかというと、そこにはアビさんの策略がありました。

アビさんが、多くの人に芸術を伝えていきたいと考えて始めたTiktokやYouTubeですが、伸び悩みます。そこでアビさんが考えたのが「個性」です。

興味がない人に興味を持ってもらうため、あえて中性的な雰囲気を作り、ミステリアスな人物像にしました。アビさんは「今の自分は、多くの人に興味を持ってもらうための策略からできた」と話しています。

耳で聴く美術館【アビ】はTiktoker?

耳で聴く美術館のアビさんは、「TikTokが主戦場」と話していました。そんなTikTokerアビさんの、おすすめ動画を紹介します。

耳で聴く美術館【アビ】はTTCA1期生!

 

この投稿をInstagramで見る

 

耳で聴く美術館(@art_room301)がシェアした投稿

耳で聴く美術館のアビさんは、TikTok creator academy(TTCA)の1期生です。

TikTok creator academyとは、次世代のTikTokクリエイターを発掘、支援することを目的にしたプログラムです。応募者の中から選ばれた約100組のクリエイターには、2022 年 3 月 から3ヶ月にわたり、TikTokより制作支援金として約10万円x 3ヶ月が支援されます。
引用:TikTok

TikTokerを目指す人を支援するプログラムで、アビさんも参加していました。

また、参加者には特別なプログラムとして、クリエイター同士の交流促進となるサポートや、特別なワークショップやセミナーを通して、動画の制作方法やフォロワー数を伸ばすためのコンテンツ戦略について学ぶ機会を提供します。
引用:TikTok

TikTokerとして活動していく、アビさんの本気度が伝わってきます。

耳で聴く美術館【アビ】のおすすめTikTok!

https://twitter.com/java_yoko2525/status/1559867312919851008

耳で聴く美術館のアビさんの、おすすめTikTok動画を紹介します。

「楳図かずお大美術展」

@mimibi301

楳図かずお大美術展#アート #耳で聴く美術館 #TikTok教室 #楳図かずお #pr #あべのハルカス美術館

♬ Scary stories, horror footage, halloween sati – RYOpianoforte

誰もが知っている奇抜な漫画家「楳図かずお大美術展」の紹介動画です。

「【檸檬ホテル】初恋のような甘酸っぱい作品」

@mimibi301

【檸檬ホテル】初恋のような甘酸っぱい作品 #アート #美術 #芸術の秋 #おすすめ乗りたい #アート解説 #耳で聴く美術館 #檸檬ホテル #瀬戸内国際芸術祭 #豊島

♬ Untied (piano) – ryo-ki

アートなホテルを紹介している動画です。ホテル全体が、1つのアート作品になっています。

「【アートの話】石田徹也 」

@mimibi301

【アートの話】石田徹也 #アート #アート解説 #TikTok教室 #耳で聴く美術館 #美術 #現代アート #石田徹也

♬ Bright and spacious piano solo – kurenaidouke

考えさせられる作品を作り続ける「石田徹也」の紹介動画です。現代社会の闇を、発信し続けています。

耳で聴く美術館【アビ】のおすすめYouTube動画!

耳で聴く美術館のアビさんは、YouTuberとしても活躍しています。しかし、コメント欄は非公開になっており、投稿できません。視聴者からは「開放してほしい」との要望がありますが、アビさんは「YouTubeまで手が回っておらず、コメントの管理ができない」と説明していました。

TikTokがメインのアビさんですが、YouTubeにも興味をそそられる動画がたくさんあります。

耳で聴く美術館【アビ】を見ると美術館へ行きたくなる!?

耳で聴く美術館のアビさんは、美術館へ実際に行ったVlogも投稿しています。アビさんの優しくて丁寧な解説を聞くと、行ってみたくなるでしょう

 

耳で聴く美術館【アビ】のおすすめ動画!

耳で聴く美術館のアビさんの、おすすめ動画を紹介します。

「【はじめて美術館に行った時に気をつけたいこと】美術館マナー編」

耳で聴く美術館のアビさんを見て、美術館へ行ってみようと考える視聴者もいるでしょう。そんな初心者の方に必見の動画です。

「【若手アーティスト紹介】Taki Kawai /YOUNG JAPANESE ARTISTS/」

耳で聴く美術館のアビさんは、もっと芸術を広めようと、さまざまなアーティストとコラボしています。若手を中心に対談しており、これからが楽しみなアーティストが多いです。

「【ボディアート】マリーナアブラモヴィッチ」

見る人によっては、少し刺激的な動画です。500万回以上再生されており、人の理性に問いかける芸術作品になっています。

耳で聴く美術館【アビ】ってどんな人物?かわいい?事務所はどこ?まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

耳で聴く美術館(@art_room301)がシェアした投稿

今回は、耳で聴く美術館のアビさんはどんな人物なのか?かわいいという噂は?事務所はどこ?について調査しました。アビさんは本名や年齢が公開されておらず、ミステリアスな雰囲気が人気です。TikToker事務所にも所属していて、アビさんのやる気が伝わってきます。

美術を知らなかった人も、アビさんを通じて興味がわいたのではないでしょうか?さまざまなメディアで活躍するアビさんの、今後にも注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です