じゅんやの年齢や学歴などwikiプロフと気になる収益も調べてみた!

じゅんやは、YouTuber/TikTokerとして日本ではともに1位、TikTokは世界では17位をいく、しかも日本では初めてYouTubeチャンネル登録者数1,000万人となりました。

今回は、じゅんやの年齢や学歴などwikiプロフィールとともに、気になる収益はいくら?をお伝えしていきたいと思います。

じゅんやの年齢や学歴などwikiプロフィール公開!

じゅんやは、体を張ったスタイルで、一見バカバカしいネタを量産しているように見えるのですが、流行にノリノリ投稿をしている日本一のYouTuber・TikTokerです。

人気YouTuberである、じゅんやの高校生時代が分かる動画をゲットしました。
この頃のじゅんやは、「ごく普通だったけど面白い人」「ムードメーカー的な存在」だったそうです。

じゅんやはいったい何者?年齢や学歴などwikiプロフィール!

じゅんやは、高校時代から同級生と一緒にユーザー名『舞子太郎』で、YouTubeの動画投稿をしていました。
実はこちらの動画から、じゅんやの本名や学歴(高校名)が明らかになりました。

名前 じゅんや/Junya
本名 村田 純也
年齢 26歳
生年月日 1995年11月28日
出身地 兵庫県神戸市
学歴(高校名) 兵庫県立舞子高校
身長 160cm
国籍 日本
職業 YouTuber・TikToker
活動開始 2018年~

 

じゅんやは日本一のTikToker・YouTuberである!その経歴は?

じゅんやは、2018年にTikTokのアカウントを開設し、日本人で初めて1,000万人のフォロワ―数を達成しました。

2021年10月22日時点では、TikTokフォロワ―数は約4,000万人日本で1位世界で17位という実績を残しています。

また2020年9月にYouTubeチャンネルを開設。日本人では最速の394日でYouTubeチャンネル登録者数1,000万人を達成、2021年10月11日時点では1,040万人で日本1位!
総再生回数は、なんと50億回を超えています。

じゅんやのYouTubeの経歴を紹介!

じゅんやは、2020年8月に以前から活動していたYouTubeチャンネルに『junya legend』という名前で、TikTok動画を投稿し始めました。

しかし、9月に入った時点でYouTubeのチャンネル登録者数が約30万人まで登りつめたものの、性的コンテンツと判断されアカウントが停止されたのです。

また同じ時期に、ニセモノの転載アカウント(チャンネル登録者数が約200万人)が存在する事態も発生しました。(現在は停止済)

その後、新たに2020年9月にYouTubeチャンネルを開設し、名前も『じゅんや.junya』に変更。

2021年1月には400万人、4月には800万人、10月には1,000万人と、その間「はじめしゃちょー」ついには「ヒカキン」をも抜かしました

じゅんやのTikTokの経歴を紹介!

じゅんやは、2018年にTikTokのアカウントを開設、2年間は日本向けの動画「隣の席の女の子」「じゅんやダンス」など、この頃人気だったシリーズを作っていました。

しかし2020年になりコンテンツの方向性を、「体を張ったスタイル」に変更した結果、同年2月にはフォロワ―数100万人、5月の時点で日本一を獲得、7月には日本人初の1,000万人を突破しました。

2021年10月には約4,000万人突破、日本で1位、世界で17位となりました。

じゅんやのTikTok・YouTubeチャンネル登録者数は日本1位!TikTok世界17位!

じゅんやのYouTubeチャンネル登録者数は1,090万人、TikTikフォロワ―数は約4,000万人となっており、日本ではYouTube・TikTok(世界17位)ともに1位を獲得!

じゅんやは、日本国内だけにとどまらず、世界中に動画を発信しているため、視聴数が圧倒的に多くなっています。

世界中の誰もが分かる擬音語や歌のみで発信、視聴者の心をガッツリと掴んでおり、オリジナルのネタの中にも皆が知るトレンド要素も取り入れて、じゅんやが視聴者を飽きさせない工夫なのでしょう。

じゅんやはなぜ売れるのか?YouTubeにみる【売れる共通点】とは?

@junya1gou♬ オリジナル楽曲 – Junya/じゅんや

じゅんやはなぜ売れているのか?どうやらYouTubeには【売れる共通点】というのがあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。